忍者ブログ
「生活の糧」 自分のお仕事について、どこまで突き詰めて意識できるのでしょうか・・。職業を通して感じたことを書いてみました。
[152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145]
近年、少子化となり高齢者が増え、働き方についての改革が提唱されています。

 物価上昇が原因なのか、働く人手が少なくなってきたからなのか分かりませんが、

 人件費を増やす試みがなされています。

  かといって、商品の値段が上がることはありませんし、生産者からの異議も聞こえてきません。

 
 給金が増えることは歓迎されることですが、人件費を増やすために何かを抑えなくてはなりません。

 商品には保険?のようなもの、クレーム処理の付加が付けられていると思います。

 建設業はクレーム産業と言われた社長さんがおられました。

 工事に限らず、保証期間というものがあります。


 工事は生き物です。


 見積りは、トラブルを想定しながら積算し、施工金額をはじき出します。

 おのおのの業種で発生が想定されるトラブルが在るため、専門分野の見積もりを集め、

 集約して工事金額をはじき出します。

 値引きは、クレーム発生がないことを想定して出すしか方法がないようです。

 材料の頻度を落とすとしても、クレーム発生率が高くなると、受注の意味が無くなります。


 人件費が上がったからといって、手間の技術力アップは無いでしょう・・。

 労働時間についても、制限される世の中となりました。

 作業が者の手間効率が悪くても残業の保証が謳われています。

 危険作業には労働災害もあり、労働保険を使った場合、次回の保険掛け金が跳ね上がります。


 熟練高齢技術者は確実な作業が出来ても、長時間労働を続けるとバテます。

 若手は体力や知識はあっても、失敗体験が少ない為クレーム発生を避ける作業が出来ません。


 「早くて確実で最高」を求める世の中は窮屈かと感じます。


 「ダレでも良い」とキレる時代が良いはず在りません。

 今の生活は、茹でガエル状態なのかも知れません。


 頂いた仕事を咀嚼しながら理解し、完成できることは幸せなことです。

 お金は大切ですが、共に味わう満足感が、何よりの糧かと思います。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
ご訪問、ありがとうございます
ブログ内検索
当ブログ内の記事を文字検索することが出来ます。
 提供 ウスイ塗装店
佐賀県佐賀市光1丁目7-18
ウスイ塗装店 臼井 彰廣  
電話 0952-24-7812  
  お問い合わせ

最新記事
(09/09)
(08/11)
(06/19)
(06/18)
(03/16)
(03/16)
(10/17)
(10/15)
お奨めリンク
コマーシャル
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]
♥  素材提供:ふわふわ。り