忍者ブログ
「生活の糧」 自分のお仕事について、どこまで突き詰めて意識できるのでしょうか・・。職業を通して感じたことを書いてみました。
[101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92] [91]
木材は簡単に加工、取り付けることが出来ますが、いろいろな影響で劣化していきます。

1.風雨による劣化・・木材を長期にわたり風雨に晒していると腐食し劣化します。
2.湿気による劣化・・湿気が原因でカビが発生し、腐食を早めます。
3.シロアリによる劣化・・湿気った木部を好むシロアリが原因で腐食・劣化します。
4.乾燥しすぎによる劣化・・太陽光線の影響で、木部がカラカラに乾燥し、劣化します。

ペンキは、木部の劣化や腐食を守る目的で使います。

ペンキは低予算で、比較的取り扱いが簡単なことから、多く利用されていますが、
用途を間違ったり、十分な下地の調整を行わなかった場合に、欠陥を起こします。

 ペンキの木部に起こる欠陥として・・

1.剥がれ・・ペンキの密着不良が原因ですが、塗る時の木部の湿気にも原因があります。
2.割れ・・木部の収縮・劣化にペンキが追従できなかった時、ペンキ表面が割れることがあります。
3.塗りムラ・・木部がペンキを吸い込んで、ツヤむらが出来ることがあります。

 
 これらの対策としては、劣化した塗膜は除去して、再度塗り重ねる。
吸い込みが激しそうな場合は、下地処理材で処理する。

 
 ペンキ塗りの中で透明仕上げというのがあります。木部の肌を見せて仕上げる方法ですが、
この場合は、木部を安定した状態にしないと、仕上がりが悪くなります。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
ご訪問、ありがとうございます
ブログ内検索
当ブログ内の記事を文字検索することが出来ます。
 提供 ウスイ塗装店
佐賀県佐賀市光1丁目7-18
ウスイ塗装店 臼井 彰廣  
電話 0952-24-7812  
  お問い合わせ

最新記事
(09/09)
(08/11)
(06/19)
(06/18)
(03/16)
(03/16)
(10/17)
(10/15)
お奨めリンク
コマーシャル
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]
♥  素材提供:ふわふわ。り