忍者ブログ
「生活の糧」 自分のお仕事について、どこまで突き詰めて意識できるのでしょうか・・。職業を通して感じたことを書いてみました。
[97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87]
下処理、又は下地処理と言います。

 塗装には専門用語があり、作業を進める上で使う言葉がいくつかあります。

 下地処理とは、下地(素地)と上塗りとの中間の作業です。密着性や素地への浸透性など、下ごしらえの為の地味な作業工程を言います。

下地処理は、地味な作業ですが、これを怠ったりすると、塗料を塗っている途中や塗料が乾いてから、欠陥となって現れます。

 下地処理材は、下地との相性や、上塗り塗料との相性を考えて互いに適した材料を決定します。

 名称はいろいろあり、下地・素地・被塗膜などと言います。
下地処理と同じくらいに大切なものに、「素地調整」と言われるものがあります。

 塗装の見積書を作成する時に、とても大切なチェック対象となるのが素地です。

 素地の傷み具合を的確に判断することが塗料の長持ちに繋がります。
その為には、そのようになった原因と対策、そして処理の方法を把握する必要があります。

 最初に「塗装の目的が何か」。を、しっかりと認識しないと、金額や作業工程にブレが生じます。どの程度まで施工をしたいのかを伝えることが、「間違えない業者への塗装依頼」のポイントです。

 「素地調整」は表面の仕上がりに大きく左右され、「下地処理」の決定は、上塗り塗料の長持ちに影響を与えます。

 上塗り塗料は、塗膜を表面に晒すことになるので用途によって材料を決定する必要があります。

 下地処理の仕組みを熟知した職人さんにお仕事をお願いしてほしいものです。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
ご訪問、ありがとうございます
ブログ内検索
当ブログ内の記事を文字検索することが出来ます。
 提供 ウスイ塗装店
佐賀県佐賀市光1丁目7-18
ウスイ塗装店 臼井 彰廣  
電話 0952-24-7812  
  お問い合わせ

最新記事
(09/09)
(08/11)
(06/19)
(06/18)
(03/16)
(03/16)
(10/17)
(10/15)
お奨めリンク
コマーシャル
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]
♥  素材提供:ふわふわ。り